ハーレーのノーマルパーツは故障に備えて保管

後部写真

バイク乗りにとってひとつのあこがれであるのがハーレーです。ハーレーを購入して乗り回すこと自体に魅力を感じる人も多いでしょう。そのようにして購入したハーレーですが、より乗り心地の良さを追求したり、あるいは見た目の美しさ・格好良さを追求して、それぞれのパーツを社外パーツに変えるバイク乗りも多く存在しています。社外パーツへと交換した際に、取り外したもともとのパーツであるノーマルパーツの扱いには売却するか保管するかの選択肢があります。

ハーレー

ノーマルパーツをバイク屋やオークションで売却してしまうという人も多くいます。しかし、売却は安易にしてはなりません。ノーマルパーツは高値で売れる場合もありますが、それは新品に限ります。ある程度の距離を走ってから売却したり、何度も転倒した後で売却しても高値はつきません。

ノーマルパーツは保管する方が、急な故障の際に対応できるためおすすめです。購入してから何度も転倒していたり、長年乗り続けていたりすると、部品は壊れやすくなります。故障した場合に備えて、緊急時の代用品としてノーマルパーツを保管しておくと安心できます。車検の直前になって、マフラーに穴が空いた・爆音がするなどといった故障が起きると困ったことになるので、そのような際に保管していたノーマルパーツと交換すると便利です。

グリップ・ミラー・ハンドルの交換

メーター

グリップはゴムや革で出来ているため劣化しやすく、消耗品でもあるので定期的に交換します。グリップを外したら新しいグリップを差し込むだけなので、作業も簡単です。エアツールでグリップの隙間に空気を送り込んだら、手で引き抜きます。エアツールが無い場合はカッターで切ってしまうと楽です。グリップとハンドルの間に接着剤を塗っておいて装着すれば、ズレずにきちんと取り付けられます。

ミラーはカスタマイズパーツの中でも取り付けが簡単で、ナットを緩めるだけで新しいものに変えられるのです。デザインも豊富で日本国内だけでなく、海外のカタログでも種類が豊富にあります。自分好みのミラーが見つかりやすいのも魅力です。ミラーの位置や高さは何度も確認して、安全に走れるように交換することも大切です。

ハンドルの場合は見た目で選んだりせず、操作性や乗り心地を重視して交換するようにします。ハンドルの高さや位置、幅や形が変わると走行バランスや操作にも大きな影響を与えるので、慎重に選ぶようにします。ハンドルを交換するときにはハーレーによってケーブルの交換やウインカーの設置が必要なこともあるので、車両の仕様やハンドルの大きさを把握しておくようにすると安心です。

>